カテゴリ:イタ・観光( 11 )

ねっろ24 神殿の谷

神殿の谷、といいますが実際は地中海をのぞむ丘の上です。
e0041414_10562466.jpg
は~るかにみ~える あ~おいうみ~♪

12月から3月のアーモンドの花の時期には、ここは幻想的な美しさを見せ、アーモンド祭りでにぎわう…と本に書いてあります。見たいですね。アーモンドの花。

探してしまいました。アーモンドの花ほんとに桃の花みたいです。

で、これがひとつめの神殿。
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-09-20 11:32 | イタ・観光

ねっろ20 パレルモ市内2

さて、歩いて移動。市庁舎前広場にやってきました。広場にあるのがプレトリアの噴水。
e0041414_10203592.jpg
後ろの建物はサンタ・カタリーナ教会です。

e0041414_10205749.jpg
噴水はフィレンツェで作られ、何百かの部品にわけられて運ばれ、この地で組み立てられました。(…よく見ると、左のアブナイおじさんの右膝、うにゃってません?)

e0041414_102762.jpg
1枚目の写真の右手になります。セナトーリオ宮殿。現在は市庁舎として使われています。

そして
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-09-14 10:44 | イタ・観光

ねっろ19 パレルモ市内

緑濃い丘陵地、コンカ・ドーロ。これは黄金の土地を意味します。
イタリアのレモンの9割、オレンジの6割、アーモンドの5割がシチリア産。
肥えた土地、黄金の平野ではレモンは3期作。一年で3度も収穫できるのです。

そのコンカ・ドーロの麓に扇形に広がる街が、シチリアの州都、長い歴史を誇るパレルモです。

e0041414_11372826.jpg
ノルマン宮殿です。1180年代までパレルモはノルマン王国の首都として繁栄していました。

e0041414_11374546.jpg
現在はシチリア州議会として使われています。

午後のパレルモを観光します。
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-09-13 12:05 | イタ・観光

ねっろ15 シーザーの名を持つ男

ジャルディーニ・ナクソスを8時に出発。バスでタオルミーナへ向かいます。

e0041414_1082392.jpg
タオルミーナはタウロ山の中腹にある街。エトナ山の威容とイオニア海の青を見晴らす景勝地です。
例によって山の上にある街は道が細く、大型バスは入れません。2台のミニバスに分かれて標高206mのタオルミーナまで登っていきます。

e0041414_1015202.jpg
メッシーナ門をくぐるとそこはもう、B.C4世紀にギリシアの植民地として建設されたタウロメニオン、ビザンチン時代にはシチリアの州都として栄えた古都の中です。

さて、シーザーの名を持つ男登場!
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-09-05 11:18 | イタ・観光

ねっろ12 シチリアへ

私達のバスをお見せします。
e0041414_12374840.jpg
ベンツだよん。
e0041414_1238159.jpg
ナポリからずっと一緒のドライバーさん。シィニョール・フランコ。いつもピンクのシャツ。
シチリアはパレルモのバス会社の人なので、旅が進むに連れて家が近くなっていきます♪

で、今日は移動日。
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-09-02 14:05 | イタ・観光

ねっろ10 アルベロベッロ

世界遺産、アルベロベッロです。といっても認定されたのはついこないだ1996年です。
アルベロベッロという名は「美しい木」という意味だそうです。ガイドは「戦いの木」だといってましたが…諸説あるみたい。
とんがり屋根のまあるい建物がかわいいです(^^♪

e0041414_1057297.jpg
これがトゥルッリ。一つの部屋に一つの屋根、それがトゥルッロで、複数形がトゥルッリです。

こんなのがた~くさん!!
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-08-31 11:38 | イタ・観光

ねっろ9 岩穴住居群(サッシ)

世界遺産、岩穴住居群のマテーラの街を歩いて散策です。このコはその途中で出会いました。
e0041414_142583.jpg
岩穴住居を復元して見せてくれている、入り口で気持ち良さそうに寝ていました。中を見学して出てきたらさっきとすこしも変わらないポーズで寝ていました。石の上は涼しいんだね。

さて、世界遺産岩穴住居ですが…
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-08-30 14:37 | イタ・観光

ねっろ7 ポンペイ最後の日

赤~い火を吹く火の山へ 登ろう~登ろう~♪
そこ~は地獄の釜の中 のぞこう~のぞこう~♪

「フニクリフニクラ」はべスビアス火山の登山電車のいわばCMソングですが、今はこの電車廃線になっちゃったそうです。歌だけが残って歌われているんですね。(鬼~のパンツは いいパンツ~♪)
で、このベスビアス。紀元79年(おお、ふたけただ!)に大噴火をしました。大量の溶岩、大量の噴煙が噴出しましたが、降り注ぐ熱い火山灰によって埋められてしまったのがここ。太古の港町ポンペイです。
e0041414_20275554.jpg
フォーロ(中心広場)多分。

この柱は
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-08-28 21:13 | イタ・観光

ねっろ4 モンテ・ソラーロ

マリーナ・グランデ(大きな港)に戻った私達一行は、別行動組と合流。
2台のミニバスに分かれて乗り込み(島の道路は狭いので、大型バスは運行できないのです)島の高い所、アナ・カプリへ山道を登っていきます。右に左に青い海。別荘のお庭。

そこからチェアーリフトで標高284メートル、モンテ・ソラーロへ登っていきます。
e0041414_21571235.jpg
前のリフトに乗ってるのはKenちゃんです。高所恐怖症の人は絶対だめ。でも私は「××と煙は高いとこが好き」の口なので、わくわく♪ぐんぐん登っていきます。

頂上につきました
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-08-25 22:16 | イタ・観光

ねっろ3 青の洞窟

なんか好評の私の帽子(9ユーロ)です。
e0041414_1355207.jpg
日本だったら買わなかったデザイン(^_^;)

あ、「ナポリのミラノもどき」ですが本家のミラノ「ガレリア」の写真がメールに添付されてきました。
e0041414_1415794.jpg
中央ピンクの見返り美人(?)がのあままです。サングラス細工してみました。
ガラスの屋根が確かに似てますね~。

お待たせしました。青の洞窟ですが…(泣きはいってる)
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-08-24 14:49 | イタ・観光