ねっろ13 4つ☆ホテル≪開かない!≫

突然ですがアルベロベッロで出会った懐かしい顔。
e0041414_9225755.jpg
おおっ、悟空 君にこんなところで会うなんて奇遇だねえ!

e0041414_9221215.jpg
悟空のシールを背中にしょっていたこの車。
どこかでちらっと触れましたが、オート三輪。年配の方が「ミゼット」とか言ってました。ハンドルがバイクのハンドルみたいなんですよ。
ローマの休日でオードリー・ヘップバーンが乗ってたスクーター「べスパ」あの会社の製品で、古い町のせまい道路にぴったりとみえ、あちこちで走っていました。名前は「APE」ミツバチの意味です。ぶんぶん働くかわいいやつってとこか。
ちなみに「べスパ」もハチって意味です。






セントアルフィオ・ガーデンホテル。

e0041414_933238.jpg
ブーゲンビリアがきれいです。いかにも南国!って感じです。「リゾートホテルの鑑」みたいな顔したホテルです。

e0041414_9335715.jpg
玄関を出ると正面にエトナ山が。浅間山と同じ活火山です。噴煙が上がってるのが見えるでしょうか。

e0041414_936308.jpg
部屋はコンパクトですがきれいです。正面のドアの中にシャワーブース(そうです。ここもバスタブは無い。そしてもちろんビデはあります)が見えてます。
UPしたビデはここのだったりします。

e0041414_9432141.jpg
荷物が部屋に届きました。この床…

e0041414_9441624.jpg
石です。カーペット敷きが多いから珍しくて撮りました。
私この旅行中ずっとこのサンダルだったのですが、見事にこの模様に足が焼けました。脱いでもサンダルはいてます。腕時計も文字盤書けばOK状態です(-_-;)

近頃のホテルはカード式のキーが多いのですが、ここのはどっしりしたチェーン付きの鍵でした。ヨーロッパの鍵って日本のように半分回したくらいでは開かない。ヘタすると一回転半とかさらに半分逆回しとか、なかなかやっかいです。ここのもやっぱり…

開かない!!

食事の時閉めて出て、念のため開けてみようとしたら開かない!
まあいいや、と食事に行きました。ペンネも魚のソテーも美味しかったのですが…冷房が効きすぎでトイレに行きたくなってきました。
席を立ってトイレを探しに行ったら、フロントのおじさんが「そっちだ」と言う。
「そっち」は部屋の方。「トイレに行きたいの」と言っても「そっちだ」と言う。
仕方ないのでレストランに戻り、Kenちゃんから鍵をもらってきました。
でも、あのドア…開かなかったんだよなぁ…と不安に思いつつガチャガチャ!

開かない!!

でも、開けるしかありません。開かなかったら私は破滅(!?)です。
右回し、左回し、引っ張る、押す、また回す…どのくらい格闘したことでしょう。実際は1、2分だったかもしれないけど、私には長い時間でしたよ(-_-;)
かすかな手触りとともに、不意にドアは開きました。私は破滅をまぬがれました(安堵)

食事に戻って、部屋に引き上げてきた時、KenちゃんがTRYしてみました。

開かない!!!

結局、鍵開けは私の仕事になりました。
次の朝出発するまでに、私は5回この鍵を開けましたが 5回とも偶然だと思っています。
偶然も5回重なれば必然かもしれませんが、もう一度やってみろと言われて一発で開ける自信はありません。偶然開くのを待つしか。
3時の方向にかかった時、ひょっとした瞬間に開くのですが、そこのとこが難しくて…
誰もが悩むらしく、ドアノブと鍵の部分はがたがたに浮いていましたよ。鍵変えろ!!

あとになれば笑い話ですが(^_^;)

e0041414_1011855.jpg
長々失礼しました。きれいなプールの写真でも…

明日は朝早く起きてお散歩に行きます。イオニア海、イタ・ねこさんにも出会います。
[PR]
by pleiad-subaru2 | 2005-09-03 10:12 | いろいろ
<< ねっろ14 イタ・にゃご、イタ... ねっろ12 シチリアへ >>